コード進行を勉強してギターを楽しもう!
   スケールと音程


コード進行の仕組みを勉強すれば、ギターをもっと楽しめます

今は、携帯電話に音楽をダウンロードして聴く時代です
好きな曲をギターを弾きながら一緒に歌いたいですね



スケールと音程

  【スケール】
   スケールは、メジャースケールとマイナースケールがあります
   いわゆる、長調と短調ですね

   メジャースケールは、ドレミファソラシドで、ミとファの間と、シとドの間が、
   半音で、それ以外は全音になっていますね
   つまりスタートから数えて3−4番目と7−8番目です    マイナースケールは、ラシドレミファソラですから、メジャースケールとは
   半音の位置が違います

  【音程】
   2つの音の間隔を音程と呼びます
   半音は短2度で、全音は長2度です

   3度の時は、半音がひとつ入っていると短3度で半音がないと長3度と呼びます
   6度と7度の時は、半音がふたつあると短6(7)度で、ひとつだと長6(7)度です
   では、4度と5度は?
   他の場合と違って、半音がひとつの場合に完全4(5)度と呼びます
   スケールで見ると、「ドとファ」「レとソ」という4度の関係を見ていくと
   「ファとシ」の時だけ半音が入っていません
   完全4度よりも半音分間隔が狭いと減4度で、半音広いと増4度と呼びます
   つまり「ファとシ」の音程は増4度です

   5度の時もスケール上で見ると、「シとファ」の時だけ半音がふたつで減5度になります