コード進行を勉強してギターを楽しもう!
   ギターの調律


コード進行の仕組みを勉強すれば、ギターをもっと楽しめます

今は、携帯電話に音楽をダウンロードして聴く時代です
好きな曲をギターを弾きながら一緒に歌いたいですね



ギターの調律


ギターには弦が6本ありますから、演奏する前にこれらの音程を合わせる必要があります。
まず最初は、正しい音程を出すもの、例えばピアノとか調律用の器材ですが、アプリでもできます。
例えば「Guiter Tuner」というアプリがあります。
これらを使って1弦ずつ音を合わせていきますが、一般には6弦から順に合わせます。
なぜなら、ギターの調律というのは、各弦の張度を変えるわけですから、張度が増すとギターのネックに圧力がかかり、わずかですが音程が変わります。
ですから、一番太い6弦から合わせていった方が合わせやすいことになります。
6弦から1弦まで合わせたら、もう一度6弦に戻って1弦合わせます。
2−3回繰り返すと、ぴったり合います。

ここまでは、各弦の開放状態での調律になります。
ギターは開放弦を弾く回数よりもフレットを押さえて弾く方が多いので、フレット上で音を合わせる必要があります。
6弦から3弦と1・2弦の関係は、開放と5フレットです。
つまり6弦の5フレットと5弦の開放が同じ音程になります。
2・3弦間は4フレットになります。

開放で合っているのに、フレットを押さえると合わないときは、ブリッジを調整します。
ブリッジが弦の根元の基本の位置ですから、開放があっているのにフレットを押さえた時に低くなるなら、その弦のブリッジを前に出します。
この調整は、12フレットを使うとやりやすいと思います。
つまり、12フレットの上で、弦に指を触れて弾くと、開放時のちょうど1オクターブ上の音が出ます。
これをハーモニクスと言います。
次に12フレットを普通に押さえて弾くと、同じ音が出ます。
この2つの音がずれていたら、ブリッジの調節が必要になるという事です。